37783円 TEIN ( テイン ) 車高調【 FLEX Z 】ホンダ S2000 VSH64-C1SS3 車&バイク カーパーツ サスペンションパーツ TEIN テイン 車高調 FLEX ホンダ Z VSH64-C1SS3 S2000 店 TEIN テイン 車高調 FLEX ホンダ Z VSH64-C1SS3 S2000 店 /aeolodicon1402542.html,37783円,yashiroshougyou.com,FLEX,テイン,車&バイク , カーパーツ , サスペンションパーツ,TEIN,車高調【,S2000,),】ホンダ,(,VSH64-C1SS3,Z /aeolodicon1402542.html,37783円,yashiroshougyou.com,FLEX,テイン,車&バイク , カーパーツ , サスペンションパーツ,TEIN,車高調【,S2000,),】ホンダ,(,VSH64-C1SS3,Z 37783円 TEIN ( テイン ) 車高調【 FLEX Z 】ホンダ S2000 VSH64-C1SS3 車&バイク カーパーツ サスペンションパーツ

TEIN テイン 車高調 FLEX お見舞い ホンダ Z VSH64-C1SS3 S2000 店

TEIN ( テイン ) 車高調【 FLEX Z 】ホンダ S2000 VSH64-C1SS3

37783円

TEIN ( テイン ) 車高調【 FLEX Z 】ホンダ S2000 VSH64-C1SS3

商品の説明

商品紹介

■全長調整式・・・車高調整しても乗り味変化が少ない全長調整式
■複筒式・・・低反発でたっぷりストロークを確保できる複筒式
■減衰力調整式・・・リニアに変化する16段階の減衰力調整式
■マウント付・・・車種別専用アッパーマウントが付属(一部車種を除く)
■1台分KIT・・・ショックアブソーバ4本+スプリング4本の1台分KIT
■圧倒的なロープライス amp; Made in 横浜!
■ストリートでの乗り心地を追求した複筒式!
■車高を変えても乗り味変化が少ない全長調整式!
■乗り味を自分好みに調整できる減衰力調整式!
■車内から減衰力をコントロールできるEDFCシリーズに対応!
■簡単インストールのアッパーマウント付!
■耐久性amp;信頼性に自信あり!
■サビ対策も万全!
■がっちり高剛性のブラケットamp;シェルケース!
■なめらか車高調整amp;こだわりの調整レンチ付!
■へたりに強いスプリング!
■高性能ダンパーオイル!

■ご購入の前に、車両型式、エンジン型式、駆動方式、年式、グレード等を車検証及び
コーションプレート等でご確認いただき、メーカーホームページ(https://www.tein.co.jp/) で
車種適合に誤りがないか必ずご確認ください。

※上記の適合(車種、年式、型式)については、モデルチェンジ等により適合する商品の品番を変更する可能性がありますので、
必ず下記のTEINホームページで再度ご確認をお願い致します。

※掲載画像はサンプルになりますので、実際の形状や色合い、部品構成等は異なりますので予めご了承下さい。
※FLEX Zの詳しい詳細はこちらです → https://www.tein.co.jp/products/flex_z.html

使用上の注意


■安心してご使用いただける「TEIN保証制度」の内容が、2016年1月1日購入分より変更になりす。
■保証期間は、ご購入より3年間以内、走行距離は60,000キロ以内に変更されます。
※2016年1月1日以降に、TEINホームページより「製品保証登録」をして頂いたお客様が対象となります。
■保証内容の詳細は → https://www.tein.co.jp/owner/warranty_rules/guarantee_rule_2.html

TEIN ( テイン ) 車高調【 FLEX Z 】ホンダ S2000 VSH64-C1SS3

取り付けも工具があればなんとかなると思います。(Apex?車高調からTein車高調への作業でした)

PC向けウェブバージョンでラベル検索可能 リンクは最下部へ

9.26.2014

"定期"更新終了のお知らせ

いつも当ブログをご愛読頂きありがとうございます。本日付けでLos Santos Customs Airportの店長であるJonny Tanakaが、辞令によりロスサントス市内の3店舗を統括するエリアマネージャーに就任することになりました。今まで毎日当ブログの記事を更新してきましたが、配置転換により毎日更新が困難な状況になる為、"定期"更新を終了させて頂きます。明日以降完全に記事の更新を停止するという訳ではなく、今後は"随時"更新で対応をしていこうと考えています。

9.25.2014

customer’s:エレジーRH8

アメリカのスポーツモデルの筆頭は今も昔もコルベットだと思いますが、日本で同じようなポジションにあるモデルと言えばやはり日産・スカイライン/GT-Rでしょう。日本でチューニングカーのベース車両として恐らく最も人気があり、現行のGT-RはホンダのNSX以来久しぶりに日本車でスーパーカーと言えるような雰囲気のあるモデルです。そんなGT-Rに憧れてエレジーRH8を選ぶカーフリークはかなり多いのではないでしょうか。

9.24.2014

trivial matter:Lost仕様

モーターサイクルギャング・The Lost専用といえばまず思い浮かぶのはデーモン。厳密には専用モデルではないのかもしれませんが、サンアンドレアス州で見かけるデーモンはどれもサドルにLostのエンブレムが刻印されています。もう一つの専用モデルはブリート。彼らはドラッグの密売等イリーガルな仕事を請け負うこともある為、輸送などに専用に改造されたブリートを使用しています。

9.23.2014

customized:ジェスター

ディンカのシリアスハイブリットスポーツモデル・ジェスター。ディンカ社はホンダ系のイメージが強いことやジェスターのシルエットがNSXコンセプトモデルに似ていることなどから、それを参考にカスタムするケースが多いのではないでしょうか。アフターパーツにも日本のSuper GT・GT500クラスに参戦しているNSXコンセプトGTをイメージさせるものが多く用意されています。

9.22.2014

Genuine Color:フォード的なSUV

フォードのSUVで最大のモデル・エクスペディションの現行型('07-)のような雰囲気を持つダンドリアリー・ランドストーカー。サンアンドレアス州で展開するメーカーでフォード的なイメージのあるブランドと言えばヴァピッドが筆頭ですが、ダンドリアリーにはフォードがかつて運営していたサブブランド、マーキュリー的なイメージがあったりします。

9.21.2014

customer’s:フト

JDM系ドリフター仕様のフトを送ってくれたのはKZMさん。以前当店のスタッフ連中でそれぞれのカスタムフトを持ち寄って撮影したことがありました。フトのベースになっているAE86は頭文字Dの影響から世界的にもカスタムベースとして人気があるモデルなので、様々な方向性のカスタムに対応し、人によってかなり個性の出るベースモデルです。