3258円 ジュラシック・パーク (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)[4K ULTRA HD + Blu-ray] DVD 外国映画 SF Blu-ray],+,HD,yashiroshougyou.com,ジュラシック・パーク,DVD , 外国映画 , SF,ULTRA,(4K,Blu-rayセット)[4K,/page/4/,+,ULTRA,HD,3258円 3258円 ジュラシック・パーク (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)[4K ULTRA HD + Blu-ray] DVD 外国映画 SF Blu-ray],+,HD,yashiroshougyou.com,ジュラシック・パーク,DVD , 外国映画 , SF,ULTRA,(4K,Blu-rayセット)[4K,/page/4/,+,ULTRA,HD,3258円 ジュラシック パーク 4K ULTRA 再入荷/予約販売! Blu-rayセット + HD Blu-ray ジュラシック パーク 4K ULTRA 再入荷/予約販売! Blu-rayセット + HD Blu-ray

ジュラシック パーク 4K ULTRA 再入荷 予約販売 Blu-rayセット + HD Blu-ray 爆売り

ジュラシック・パーク (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)[4K ULTRA HD + Blu-ray]

3258円

ジュラシック・パーク (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)[4K ULTRA HD + Blu-ray]

商品の説明

内容紹介

「ジュラシック・パーク」公開25周年amp;「ジュラシック・ワールド/炎の王国」公開記念!
ベストセラー作家マイケル・クライトンの原作を、スピルバーグが驚愕のVFX映像で映画化したパニック・アクションの傑作が“4K ULTRA HD"で登場!


新たに4Kリマスターされ、かつDTS:Xを採用した史上最高のフォーマットで、「ジュラシック・パーク」が登場!

・4K:ブルーレイの4倍を誇る超高解像度!
・HDR:高輝度、広色域、映像の明暗差をリアルに表現!
・よりリアルで本格的な3Dサラウンドオーディオ体験!

【キャスト】
リチャード・アッテンボロー/サム・ニール/ローラ・ダーン

【スタッフ】
監督:スティーブン・スピルバーグ

■製作:1993年 アメリカ

Film TM amp; (C) 1993 Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved

※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

【Ultra HD ブルーレイ】
●ご視聴にはUltra HD ブルーレイ再生対応機器が必要となります。
●[4K ULTRA HDを高品質でお楽しみいただくために] 4K ULTRA HDは4K解像度・HDR(ハイダイナミックレンジ)・広色域での再生に対応しています。ご視聴には、Ultra HD ブルーレイ再生対応機器に加え、4K/HDR対応テレビでのご視聴をおすすめいたします。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

スティーヴン・スピルバーグが贈る人気シリーズ第1弾。裕福な企業家がDNAから恐竜を甦らせ、孤島にリゾートパーク“ジュラシック・パーク”を建設。ところが、パーク内で恐竜たちが暴れ出し…。“ユニバーサル UHD”。


メーカーより

1 2 3 4 5
ジュラシック・パーク(4K ULTRA HD + Blu-rayセット)[4K ULTRA HD+Blu-ray] ジュラシック・パーク3D+2D[Blu-ray] ジュラシック・パーク[Blu-ray] ジュラシック・パークDVDコンプリートボックス(初回) ジュラシック・パーク[DVDコレクション]
4K ULTRA HD
Blu-ray
DVD
2
1
1

ジュラシック・パーク (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)[4K ULTRA HD + Blu-ray]

現在の高画質ではなくてもストーリーは色あせませんね.本を読んで育った人なら画質が悪いとかくだらない感想は持たないでしょう.唯一酷いのが日本語翻訳の字幕です.ストーリーや文化的背景,ジョークを交えた日本語化は難しいというかできないのはわかりますが.ティムがなぞなぞをするシーン,これありえません.もう誰でもストーリーを知っていると思いますので簡単に説明すると,1.アメリカにThesaurus Rexというキャラの幼児絵本がある.2.Rexは犬猫にポチタマという感じの犬の名前.3.日本で恐竜をなんとかドンというように英語だとなんとかsaurusと言う.セリフだとTティム,GグラントT: What do you call a blind dinosaur?G: i don't know. what do you call a blind dinosaur?T: Do you think ”she saw us”? 以下犬の話に続きますここで盲目の恐竜が私たちを見たのかな?と言う返事がシャレでshe saw usとshe-saurusとさらにThesaurus Rexをかけて,1つめの冗談,続けて犬の名前でもThesaurus Rexを出して連続した2つの韻を踏んだジョークです.この冗談のために恐竜はメス,犬はオスになってますね.働いてる恐竜の名前?パパハオルス?コーラ飲んでたら吹き出すところでした.他の映画でも日本語訳に違和感を感じることが多いですがこれは酷い.
ほんと改めて観ると全く古さを感じませんね。俳優陣各位に存在感があり、濃密な演技力。当時はまだCG映像が実験的要素であったためか現代のようにCGに頼りすぎていなかったからこそ俳優陣のリアルな演技が光ったのでしょうね。ストーリー脚本もシンプルでありなおかつ濃厚で伝えたいテーマがしっかりしていて物語に引き込まれます。さすがジュラシックシリーズの原点だと感心させられました。30年近く経った今でも古さどころか新しささえ感じます。現在もジュラシックシリーズはひたすら続いています。確かに恐竜のCG描写は当時に比べ若干進化してるのでしょうが、それと同時に原点である本作を超えられないジレンマとCG技術に頼りすぎての俳優人の演技力の低下と脚色ストーリー展開のつまらなさが顕著化してきていることが悲しいかな現実です。結局は映画は人間が創り出すもの。CG技術の研鑽は続けながらどこかでCGはあくまで一アイテムに過ぎないのだと肝に銘じ、程よい距離をおきつつ俳優陣の演技力こそが疎かにしてはいけないものなのだと精進するクールさが必要だと改めて本気で考えなければならないと思います。
久しぶりにこの映画を視聴しましたが、ちょっと古さを感じさせますね。古さを感じさせるのはCGの場面の画面の質の粗さ、それからコンピューター関係機器(モニター、キーボード、マウス等)が古いところです。それでもこの映画は恐竜を題材にした映画として先鞭をつけジョーズの時もそうですが、スピルバーグは何か新しい種類の映画を作るのにいつもエポックメイキングな作品として名を残すことになり、さらに最後までハラハラドキドキの展開でさすがスピルバーグと思わせます。いろいろ本当にこうなの?というような疑問点は多々ありますが、映画としてのご愛敬で一級の娯楽作品として観たほうがいいでしょう。それから、この手のシリーズ物はやはり最初が一番ベストかなと思います。
「ジュラシックパーク」シリーズの原点にして、やはり最も面白い作品。当時においては革新的なCG技術が話題を呼んだだけあって、今見ても安っぽさはまるでない。かえってこのくらいの自然なGCの方がリアルではないかと思えるくらいにうまくできている。また、恐竜に襲われる恐怖に重きを置いて、薄っぺらいアクションに走っていないところがよい。裏を返せば、新作よりは地味であるけれども、その地味さがリアルを生み、作品の重厚感を演出している。そして、恐竜に対するリスペクトが感じられる。登場人物が基本的に恐竜が好きであって、肯定的に描かれている。例えば「ジュラシックワールド」ではすでに恐竜は商品になっていて、子供達も当たり前のように接している。もちろん感動は最初だけであるから、当然なのだけれども。つまり、今作は第1作目という利点を大いに活かし、「恐竜が存在しているという感動」がよく表現されているので、そういう点からも作品の世界観にのめり込むことができるのだろうと思う。実際わたしも、恐竜に最も興味が湧いたのは、シリーズの中でこの作品だった。
荒らしだと思うコメントがあっても反応しないでください。巻き添えで書き込み規制がされる場合があります。
けもちゃん雑談所38 -なにか一言書き込みたいときなど- BBS総合記事 けも3雑2 けもちゃんWiki